殿堂入り者

平成29年度
平尾 誠二(ラグビー)

1963(昭和38)年1月21日
京都市南区出身。
陶化中学校でラグビーをはじめ,平成24年度に京都スポーツの殿堂入りされた山口良治氏の誘いで伏見工業高校に入学し指導を受ける。その後,同志社大学で大学選手権3連覇,神戸製鋼で日本選手権7連覇の原動力として活躍する。
卓越したプレーと端正な顔立ちから「ミスター・ラグビー」と呼ばれ,日本代表としてワールドカップに3度出場。
引退後は最年少で日本代表監督に就任したほか,神戸製鋼の監督などを務めた。