殿堂入り者

平成28年度
寒川 進(障がい者陸上)

1968(昭和43)年9月26日生
京都市西京区在住。20歳の時にバイク事故で背骨を脱臼骨折,脊髄損傷により足の神経が麻痺し車いす生活に。入院中に車椅子バスケットに出会い,その後全国車いす駅伝に参加。2004年アテネパラリンピックでは1,600mリレーで銅メダルを獲得。
全国車いす駅伝競走大会には京都Aチームとして長年にわたり出場。2009年・2010年にはエースとして2年連続の優勝を果たす。また,京都マラソン車いす競技にも第1回大会から出場しており,第3回・5回大会で優勝。現在も第一線で活躍を続けている。